アラフォー女性は20代の早リメイクだけを意識することなく、素肌の美しさを見せるメイクをすることです。ファンデーションの厚塗りで肌悩みをカバーしないで、コンシーラーや化粧下地も上手に活用をすること、保湿のスキンケアもしっかりやっておきます。

ポイントメイクよりも素肌感を出すお化粧を

アラフォー女性に適したメイクは頑張りすぎのフルメイクではなく、ナチュラルな美しい素肌間を出して、素顔も素敵な印象を与えることです。20代に比べると時間の流れとともに、フェイスラインにたるみを感じたり、保保の位置が下がったように見えたり、加齢による容姿の変化は感じ始めます。しかしその年代はその年代の美しさがあるので、年齢に適したお化粧をすることにより、輪郭や肌の変化さえ魅力的です。流行りのコスメで目元を盛るようなことをする必要はありますし、マスカラやアイシャドウなどで華やかにするよりも、肌の美しさを引き立てるお化粧をするほうが魅力は高まります。

ブラウン系で目元に優しさと品を

アラフォー女性は目元をやさしく明るく見せるようにすることを意識して、引き算メイクが目元メイクの基本です。肌にくすみを感じやすくなるのは目元も一緒ですから、アイシャドウを使うのであれば、単色の明るくて艶を感じさせるタイプを使います。目元は皮膚も薄くて水分を保持する力も弱い場所ですから、アイシャドウはクリームタイプを使うことで、艶のある目元を演出可能です。大人女子の目元は流行のカラーをビシバシと入れるのではなく、良い意味での抜け感を作ります。ブラウン系のマスカラやアイライナーを使うことで、目元には品があふれますし印象も優しいです。

肌のベースはナチュラルに仕上げるのが鉄則

アラフォー女性におすすめのメイク術として、ナチュラルにベースメイクは仕上げることです。肌に渇きを感じやすくなりますし、次第にくすみも感じやすくなる肌年齢には、それを隠す重ね塗りは逆効果になります。ファンデーションをいきなり塗るのではなく、肌を保湿で整えてから化粧下地を塗り、さらにシミやニキビなどはコンシーラーを使用してカバーです。パウダーやファンデーションのノリをよくするためにも、たっぷりの保湿をしておきます。化粧崩れやファンデーションのノリの悪さも、しっかり保湿ができていれば、防止することができますし、きれいな状態を維持する秘訣です。

まとめ

アラフォー女性の目元は盛ることに意識をするのではなく、品の良さを醸し出すアイメイクをすることです。全体的にブラウン系でまとめると、上品で優しい印象になりますし、夜はしっかりとオフをして保湿をすることで、目元も若々しく維持できます。